英会話習いたくて東京に出てきた

幼少期の子供の英会話

幼少期の子供の英会話

子供と言いましても幼少期の子供が吸収するスピードや量はとても大きいですよね。

昨日出来なかった事が、今日は出来ている。

驚かされる毎日でした。

そして楽しかったと記憶しています。

ただ、この時期に英語に親しませれば良かったのかとも後悔しています。

東京にある大手の英会話教室ですが、幼少期の子供の特徴とも言える吸収能力を英会話に生かしていると言います。

遊びの中に英語を使うだけで、自然に英語が身に付く子供達。

それをみた親御さんもまた喜びを隠せないと話します。

そしてお母さんも一緒に参加する事で子供と共通の話題も出来ますし、子供と共に成長するという事にもなります。

これは本格的に英会話を学ぶ前準備として捕らえ、スクールで実践していると思いました。

競争の激しい東京だから、様々なアイデイアもあるのだろうと思っていますが、全国展開しているスクールと言いますので、皆さんの住む町にも、もしかしたら開講しているのかもしれません。

小さな時から英語に親しめば、苦手意識もなくなるかもしれませんよね。

英語に対する学校教育の変化

2013年は小学校だけでなく中学、高校での英語教育が再編されました。

小学校での英語教育の拡充ねらいですが、今後は更に教育年齢の引き下げも考えているようです。

中学ではコミュニケーション力を高める、高校ではコミュニケーションは勿論ですが英会話も取り入れて表現力を身に付けるというのがねらいのようです。

国際化社会、グローバル化に対応するという時代背景がありますね。

日本人も海外赴任し働くようになりました。

そして外国人も日本で仕事をする機会が多くなっています。

外国から転入する人もいますよね。

昔の日本では考えられなかった事です。

特に東京では外国人があふれ、英会話が出来なければ気落ちする事もあると聞きます。

東京に勤めるファーストフード店の店員にも面接時に英会話について質問されるところもあると言います。

単なるアルバイトも、語学力が必要とされる時代になったという訳ですね。

英会話は東京のスクールが評判良い

いつまでも日本語だけでは視野が狭く孤立感が生まれそうな気がします。

私も英語に少しでも慣れる努力をしてみようと思います。